看護の仕事は疲労や腰痛などの症状に悩む

看護の仕事に携わる人には疲労を感じたり腰痛や膝痛などのさまざまな症状で悩んでいる人が多い。
例えば看護師なら患者の移動を助けたり排泄などの介助をしなければならず、ほとんどの場合立ち仕事で常に動き回っているので疲れが出るのは当然である。自分の疲れは自分でとることしかできないので、疲れを取るには基本的に栄養のあるものを食べたり、ゆっくりお風呂に入ったり、しっかり睡眠を取ることになるだろう。

体をメンテナンスするために整体やマッサージなどに通うのはどうだろうか。
プロの手で定期的にメンテナンスを行ってもらうことで身体の疲れを解消することが期待できる。身体がほぐれてくると気持ちもリラックスすることができるので、精神的な疲れやストレスなども解消することができるだろう。特に勤務外に残業すると心身共に疲れたりするので、勤務時間内に業務を終わりオンとオフを切り替えると効果が高い。睡眠は非常に重要で、疲労を回復するためにも睡眠の質にこだわってみて、ベッドや枕などを変えてみるという方法がある。

仕事のない休日は思いっきり遊ぶのが良いだろう。
友人と遊んだり、一人で趣味をとことんしてみるとストレス発散になったり、仕事と休日のメリハリをきちんとつけると仕事にもプラスになるものである。疲れをきちんととらないと良い仕事ができなくなるので、疲労回復は非常に重要であると言えるだろう。毎日の業務にしっかりと取り組むためにも、ひとりひとりに合ったストレス発散法や疲労回復に有効な手段などを考えてみてはどうだろうか。

Comments are closed.